活動紹介

九州地方での活動

福岡 Pure Love 2015 in 北九州 【2015年8月16日(日)】

写真1

 8月16日、小倉駅周辺において、19組の家族連れなど140名が参加し、「北福岡 Pure Love in 北九州 2015」が開催されました。

 ラリーでは、主催者挨拶と市議会議員の来賓挨拶の後、学生代表の男女2名のピュアラブ宣言に続き、マーチの説明が事務局からありました。

 その後、屋外に出てシュプレヒコールの練習をした後、マーチに出発し、曇り空の中でしたが、横断幕を持ちプラカードを掲げながら、駅周辺を30分ほど練り歩き、青少年の健全育成と結婚と家庭の価値を訴えました。

写真2

 途中、お店の外に出て、ずっと拍手をして応援して下さる女性がいました。離婚や家庭不和が増えていますので、心ある方はしっかりと受け止めて下さると感じさせられました。

 学生や青年の中には、ハンドマイクで訴えるのは苦手という人もいましたが、マーチが始まり全体が大きな声でシュプレヒコールを叫ぶ中、恥ずかしさも吹き飛び力強く連呼していました。

 今回、北九州市民に純潔と結婚と家庭の大切さを訴えることができ、達成感と充実感で、みんなの爽やかな笑顔があふれていました。

 参加者からは、「夏休みに出会い系など性の誘惑が多いと思いますので、この運動は子供の純潔教育にとても良いと思います。」「今後は同性婚を主張する人が増えてくるでしょうから、家庭と結婚や純潔の価値を主張することは大変意義あることと思います」などの声が聞かれました。

写真3 写真4

PAGE TOP

鹿児島 Pure Love 2014 in 鹿児島 【2014年8月31日(日)】

写真1

 8月31日、鹿児島市中央公園において、168名が参加し、「第1回ピュアラブ運動 in 鹿児島」が開催されました。

 前日まで雨が降り続いていたため天候が心配されましたが、当日は見事に晴れ間が広がりました。

 午前10時の開会宣言に始まり、大会の趣旨説明と主催者挨拶に続き、来賓挨拶では、県議会議員が「日曜日でもこうやって行動する皆様は素晴らしい!きっと神様が祝福してくださるでしょう!」、また、市議会議員は「皆さんの活動は本物です!」と共に激励してくださり、大いに勇気づけられました。

写真2

 そして、ラリーのメインである学生・青年による純潔スピーチでは、中学生、高校生、大学生、勤労青年の4名が登場し、中学生と高校生は自分の家族の証しをしながら、このような家庭を築いていきたいという決意を、そして、大学生と勤労青年は純潔の貴さを訴え、皆が純潔運動の大切さを再認識する時間となりました。

写真3

 その後、シュプレヒコールの練習をしてから、いよいよマーチに出発し、鹿児島市の中心街でもある天文館周辺を「幸せは真の家庭から!家族の絆を大切にしよう!」、「家庭は愛の学校!祖父母を敬い三世代の絆を大切にしよう!」、「純潔と貞節を守り、幸せな家庭を築こう!」、「有害図書から青少年を守ろう!」、「家庭は心のオアシス!一人一人の子供と対話の時間を持とう!」の掛け声と共に練り歩きました。

 マーチの際には、警察官の方達の協力により、途中の信号機を一時的に4方向とも赤にして通行させていただくなど、安全なマーチのために尽力してくださり、おかげでスムーズにマーチが進み、皆、大きな声を上げて、純潔と家庭再建を訴えることができました。

 途中、道行く人たちも私たちの訴えに耳を傾け、携帯で撮影している人や「幸せは真の家庭から…だって」と友達同士で話していた若者たち、「大切にしよう!」とコールに合わせて叫んでいた人達もいて、少なからず影響を与えることができたようです。

 マーチを終えて、全体で万歳三唱をして散会となり、参加者は皆、模範となるような家庭を築こうという思いを新たにした一日となりました。

写真4 写真5

PAGE TOP

北福岡 Pure Love 2014 in 北九州 【2014年8月17日(日)】

写真1

 8月17日、北九州商工貿易会館において、中高生や青年など170名が参加し、「Pure Love in 北九州」が開催されました。

 ラリーでは、主催者挨拶に続いて、来賓の市会議員から激励のメッセージをいただき、その後、高校生の男女が元気に純潔アピールをしました。

 次に、全体でピュアラブ宣言を唱和した後、シュプレヒコールの練習をしてからマーチに出発しました。

写真2

 来賓の市会議員を先頭に、50名ずつに分かれて悌団を組み、会館と小倉駅までの中心街を、純潔と家庭再建を訴えながら練り歩きました。

 道行く市民が珍しそうに立ち止まり見入る姿や、中には「これは安倍政権と関係あるのですか?」などと質問してきた人もいて、とても注目と関心を集めました。

 参加者からは、「子供たちへの教育になって良かったです。」「小さいころからの純潔教育が大切だと思います」などの声が聞かれました。


PAGE TOP

沖縄 Pure Love 2013 in 沖縄 【2013年12月21日(土)】

写真1

 12月21日、那覇市の牧志公園において、70名が参加し、「Pure Love 2013 in 沖縄」が開催されました。

 ラリーでは、主催者挨拶に続き、那覇市議会議員から激励の挨拶を頂いた後、マーチに出発しました。

 牧志公園を出発し、国際通りをのぼり旗やプラカード、横断幕を持ち、ハンドマイクで純潔と家庭再建をアピールしながら沖縄県庁前までを行進しました。

写真2

 激励の挨拶だけの予定で来られた来賓の市会議員も先頭に立ち最後まで行進して下さり、すばらしかったとの感想を頂きました。

 また、良いことをやっていますねと市民の方からの激励もありました。


PAGE TOP

長崎 Pure Love Rally 2010 in 長崎 【2010年4月4日(日)】

写真1 4月4日、長崎中華街の隣にある湊公園に朝10時に150名が集まり、「Pure Love Rally 2010 in 長崎」を開催しました。
 この日は、昨日まで心配された天候も程よく晴れて、絶好のラリー日和となりました。
 ラリーでは、司会の青年女性の力強い開会宣言で始まり、続いて高校生の男女代表がそれぞれ壇上に上がり、中高生の主張を元気はつらつと読み上げ、大きな拍手が沸き起こりました。

写真2 続いて主催者を代表し、西岡泰治佐世保支部長が、「性道徳が乱れ、不倫が原因の家庭崩壊が進んだこの世の中で、純潔を訴えられるのは我がグループしかありません。ここに集った青年・中高生のみなさん、真の愛の道理を訴え、純潔の素晴らしさを証し、不倫や援助交際が蔓延するこの社会をチェンジしましょう!」と激励しました。
 その後、都合により参加できなかった本県出身の衆議院議員からの激励のメッセージが紹介されました。

写真3 マーチでは、長崎中心市街に向けてアーケード街を通り抜け、終着点の中央公園まで、約40分間4個のハンドマイクに合わせてシュプレヒコールをしながら歩きました。
 沿道の商店の方が何事かと顔を出して驚いたり、興味深げにプラカードを見つめたり、様々な反応がありました。中には「良いことやっているね」と言って拍手で励まして下さる方もいました。

写真4 目的地の中央公園に着き、園田栄広諫早支部長の音頭で万歳を三唱して閉会となりました。
 その後、参加していた青年・中高生・学生によるミニ運動会を行い会員相互の親睦を深めることができました。


PAGE TOP

北福岡 Pure Love 2008 in 北九州 【2008年11月9日(日)】

 210名参加

写真1 写真2

南福岡 Pure Love 2008 in 久留米 【2008年4月13日(日)】

 103名参加

写真1 写真2